小児歯科

  • TOP
  • 小児歯科

子供のお口の健康を守ります

乳歯は抵抗力が弱く歯の表面のエナメル質も薄いので、とても虫歯になりやすい歯です。そのうえ一度虫歯にかかると進行が早いのも特徴です。「でも乳歯はそのうち抜けて、永久歯に生え替わるから……」と虫歯を放っておいてはいけません。
また、現代人は顎が小さくなってきているので、歯並びが悪い方が増えてきています。同じく歯並びも「乳歯はそのうち抜けて、永久歯に生え替わるから……」と悪い歯並びを放っておいてはいけません。
近鉄奈良駅より徒歩3分の「楠原デンタルクリニック」は、お子様連れでも通いやすい歯医者です。お子様のお口まわりの健康について気になることは何でもご相談ください。

お子様と一緒に通える歯医者さんです

お子様と一緒に通える歯医者さんです

楠原デンタルクリニックではキッズスペースを設置しています。小さなお子様も退屈せずに、待ち時間も楽しく過ごしていただけるよう、絵本やDVD、おもちゃなどをご用意しています。小さなころからご両親と一緒に通っていただければ、歯医者さんにも慣れますので、実際に予防処置や治療が必要になったときにもスムーズに診療に進められるでしょう。

歯医者に通わせる時期で悩んでいませんか?

歯医者に通わせる時期で悩んでいませんか?

親御さんから「初めての歯医者さんはいつがよいですか?」そんな質問を受けることがあります。成長する過程で何回か歯科医院で検査や処置を受けたほうがよい時期がありますので、そのタイミングを3つお話しします。

大切なのは、「初めての歯医者」はお口の健康状態や成長のチェックのために行くということ。チェックや予防の処置では痛みをともないません。遊びに行く感覚で通っていただければ、やがて処置が必要になったときでも歯医者を怖がらなくなります。いきなり治療のために連れていくと、突然のことに「歯医者嫌い」になってしまうかもしれないので注意が必要です。

タイミング1:子どもが生まれる前(妊娠時)

タイミング1:子どもが生まれる前(妊娠時)

妊娠性歯周炎という病名があるように、妊婦さんのお口はデリケートです。
妊婦さんの健康状態によって、胎児の健康は左右されると言っても過言ではありません。
将来生まれてくるお子様の為にも、まずは妊娠時に受診されることをオススメします。

タイミング2:歯が生える前

タイミング2:歯が生える前

この時期は、歯が生える為の準備期です。
虫歯になりにくくしたり、歯並びが悪くならないように、歯の生える前のこの時期から適切な指導をしていきます。

タイミング3:乳歯が生え始めたとき

タイミング3:乳歯が生え始めたとき

生後半年から8ヶ月くらいで、下の前歯が生えてきます。乳歯は虫歯になりやすいので、歯が生えたら虫歯予防を開始しなければなりません。予防処置を行い、年齢や歯の本数に応じたご家庭でできるケアプランをご提案しますので、お子様の歯が生え始めたら一度ご来院ください。

タイミング4:乳歯が生えそろったとき

タイミング4:乳歯が生えそろったとき

乳歯が生えそろうころは大人と同じものを食べる時期ですので、虫歯のリスクが高まります。このころは自治体による「1歳半検診」や「3歳児検診」がありますので、積極的に検診を受けましょう。

タイミング5:生え替わりのとき

タイミング5:生え替わりのとき

乳歯は6~12歳ころ永久歯に生え替わります。歯の大きさがまちまちで、食べ物がはさまりやすく、汚れが残りやすいので虫歯にかかってしまう心配があります。また歯の生え替わりがスムーズに進んでいるかを確認するためにもこの時期に予防処置を含めた検診を受けることをおすすめします。

お子様向けの予防メニュー

ブラッシング指導

ブラッシング指導

虫歯と歯肉炎の予防の基本は毎日のブラッシングです。お子様の成長やお口の状態に合わせたブラッシングのアドバイスをします。とくに自分で歯の汚れをしっかり落とせない小さなお子様のご両親には仕上げみがきのコツをお伝えしますので、毎日のケアにつなげてください。

フッ素塗布

フッ素塗布

フッ素を歯の表面に塗布するとエナメル質の成分が修復され安定するので虫歯菌の出す「酸」への抵抗力が高まります。また脱灰を起こしている歯の再石灰化を促します。ほかにもお口の中の歯垢(プラーク)の生成を抑える効果が期待できるので、定期的なフッ素塗布は虫歯予防につながるのです。

シーラント

シーラント

奥歯の噛み合う面にある溝は深くて複雑な形状をして、汚れがたまりやすく虫歯になりやすい部位です。シーラントではここをあらかじめレジン(歯科用プラスチック)でふさいで、虫歯を予防します。